西アフリカ・ギニアでクーデターか、軍が大統領を拘束

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
銃撃の発生後、車両で移動する兵士ら=5日、ギニア首都コナクリ/Cellou Binani/AFP/Getty Images

銃撃の発生後、車両で移動する兵士ら=5日、ギニア首都コナクリ/Cellou Binani/AFP/Getty Images

(CNN) 西アフリカ・ギニア軍は5日に放送した声明で、憲法の停止を発表した。アルファ・コンデ大統領(83)の顧問はCNNの取材に対し、コンデ大統領が拘束され、クーデターが発生したと語った。大統領の居場所は分かっていない。

ギニア軍が放送した動画には、軍将校のママディ・ドゥンブヤ氏が特殊部隊の制服姿で登場し、コンデ大統領を逮捕して憲法や政府を停止させたと発表。陸と空の国境封鎖も宣言した。地元メディアもこの動画を放映した。

ドゥンブヤ氏は「我々はもはや、1人の男に政治を委ねることはしない。政治は国民に委ねる。我々はそのためにある。国家を救うのは兵士の義務だ」と述べている。

軍はその後、国営テレビを通じて全土に夜間外出禁止令を出し、コンデ大統領は無事だと伝えた。

閣僚や政府機関のトップに対しては、6日午前11時の会議に出席するよう指示、「出席しない場合は国家集結・発展委員会(CNRD)に対する反逆とみなす」と通告した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]