ズマ前大統領収監で暴動、治安回復へ軍を派遣 南アフリカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南アで暴動や略奪、CNNが現場を取材

ヨハネルブルク(CNN) 南アフリカのラマポーザ大統領は、ズマ前大統領の収監を受けて暴力的な抗議や略奪が発生したため、治安回復に向けて軍を派遣した。

ラマポーザ大統領は12日夕、全国に向けて演説を行い、平静を呼び掛けた。南アフリカでは暴動によって少なくとも6人が死亡したほか、数百人が逮捕された。

ズマ前大統領の弁護士は12日、減刑を支持する姿勢を示した。抗議デモや略奪は2州で激化している。

ラマポーザ大統領は演説で、略奪行為を行った人々を逮捕して訴追することをためらわないと語った。地元メディアは、ダーバンのショッピングモールで略奪が行われている映像を流した。

ラマポーザ大統領は抗議デモや略奪行為が政治的な不満から始まったものだと認めたものの、犯罪的な要素のほうが上回っているとの見方を示した。

ラマポーザ大統領はまた、継続する抗議や略奪行為が新型コロナウイルスへの対応やワクチンの配布にさらなる悪影響を与える可能性もあると警告した。暴動のために一部の施設でワクチン接種を一時的に停止せざるを得なくなったという。

CNNの取材班は警官が数十人の略奪者に対してゴム弾を発射する様子を目撃した。略奪者は日用品を持ってモールから逃げ出していた。放火された店舗もあった。

憲法裁判所は6月、ズマ前大統領に対し、法廷を侮辱したとして禁錮1年3カ月の刑を言い渡していた。前大統領は在任中の汚職事件への関与をめぐり、反汚職委員会で質問に答えるよう求められたが拒否した。本人は事件への関与を繰り返し否定している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]