新規感染者増え4万人超、サッカーのユーロ要因か 英

コロナ禍に伴う行動規制の解除を控えた英国で1日あたり4万人超の感染者が報告された/Daniel Leal-Olivas/WPA Pool/Getty Images

コロナ禍に伴う行動規制の解除を控えた英国で1日あたり4万人超の感染者が報告された/Daniel Leal-Olivas/WPA Pool/Getty Images

(CNN) 英国政府は14日、新型コロナウイルスの感染者数が新たに4万2302人判明したと報告した。1日あたり4万超の新規感染者は第2波の盛りだった今年1月半ば以降で初めて。

14日には49人が新たに死亡してもいた。

英政府は今月19日にコロナ禍に伴う行動規制を全面的に解除する予定となっている。

英国などでは同国が開催地の1つともなったサッカーの欧州選手権(ユーロ)絡みの行事などが感染拡大の下地になったとの指摘が出ている。英スコットランドでは6月下旬、同地域における約1300人の新規感染はユーロ観戦などが目的でイングランドを訪れたのが要因との研究結果も公表されていた。

また、フィンランドの医療研究機関は今月1日、国内の新規感染者数は1週間でほぼ倍増したとし、ユーロの試合でロシアへ渡航したサッカーファンが主因と報告していた。イングランドが進出したユーロの決勝は英ロンドンのウェンブリー競技場で開催されていた。

英国のジャビド保健相は、今夏の終わりまで1日あたり10万人の新規感染者が出る可能性に言及。ただ、国内でのワクチン接種率の目標は達成し得る流れにあるとも強調した。英国政府は、ワクチン接種計画の成果で入院率や死亡率を低水準に抑制する対策を進めている。

政府は14日、国内の成人3人に2人以上が2回分の接種を終えたと報告。本来は今月19日に達成を見込んでいた目標だが約1週間早く実現させたと誇示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]