イスラエル治安部隊がパレスチナ人と衝突、ガザ停戦後 エルサレムのモスク前

イスラエル治安部隊とパレスチナ人がエルサレムのモスクの敷地内で衝突/Ahmad Gharabli/AFP/Getty Images

イスラエル治安部隊とパレスチナ人がエルサレムのモスクの敷地内で衝突/Ahmad Gharabli/AFP/Getty Images

エルサレム(CNN) 中東エルサレムにあるイスラム教礼拝所「アルアクサ・モスク」の前で21日、イスラエルの治安部隊がパレスチナ人と衝突し、閃光(せんこう)弾やゴム弾を使用した。同モスクではこの日、信者数千人が金曜礼拝に参加していた。

イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するハマスの停戦によりもたらされた平穏は半日で破られた。

モスクの敷地にいたCNN記者によると、イスラエルの警官は記者らを警棒で殴り、ライフル銃を向けようとした。記者らが取材許可証を見せようとすると、「うそつき」と呼ばれたという。

警官隊がモスクの敷地に立ち入った際には、数千人の礼拝者がガザや東エルサレムのシェイクジャラ地区のパレスチナ住民への連帯を叫んでいた。同地区では一部のパレスチナ人家族が立ち退きを迫られている。

パレスチナ通信(WAFA)は21日、イスラエル警察がモスクの敷地に「侵入」したとして、パレスチナ当局がこれを強く非難したと伝えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]