女性首脳の座るいすがない トルコ大統領とEU首脳の会談で

所在なげに立つフォンデアライエン欧州委員長(左)と、着席したミシェル欧州理事会議長(中央)およびトルコのエルドアン大統領(右)/EBS

所在なげに立つフォンデアライエン欧州委員長(左)と、着席したミシェル欧州理事会議長(中央)およびトルコのエルドアン大統領(右)/EBS

(CNN) トルコのエルドアン大統領と欧州連合(EU)のミシェル欧州理事会議長(EU大統領)、フォンデアライエン欧州委員長が6日にトルコの首都アンカラで会談した際、エルドアン氏とミシェル氏の男性2人が部屋の中央のいすに腰を掛けるそばで、女性のフォンデアライエン氏が所在なげに立つ様子が見られ、ひんしゅくを買っている。

フォンデアライエン氏は座るべき場所がわからない様子で、「ええと」と声を出す様子が見られた。

以前の会談では、3人の首脳全員に席が用意されていた。

フォンデアライエン氏はその後、近くのソファに座るように提案されたが、対面したのはチャブシュオール外相だった。外交儀礼上では下位の役職者となる。エルドアン氏とミシェル氏は金色の装飾が施されたいすに座っていた。

欧州委員会のエリック・マメール報道官は「映像から分かるとおり、(フォンデアライエン氏は)明らかに驚いていた」「他のタイプではなく、あるタイプの席が提案された理由を判断するのは難しい。トルコの当局者に聞いてほしい」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]