ナイジェリアで刑務所襲撃、受刑者1800人以上が脱走 大統領は「テロ」と非難

燃やされた警察本部前の車両=5日、ナイジェリア・イモ州の州都オウェリ/David Dosunmu/AP

燃やされた警察本部前の車両=5日、ナイジェリア・イモ州の州都オウェリ/David Dosunmu/AP

(CNN) ナイジェリア南部イモ州の刑務所に5日、武装集団が侵入して爆発を起こし、1800人以上の受刑者が脱走した。ブハリ大統領は滞在先の英国で非難声明を出した。

刑務当局の報道担当者によると、脱走した1844人のうち6人はその後、自主的に帰還した。襲撃後に逃走せず、刑務所にとどまった受刑者も35人いたという。

同担当者によれば、武装集団は5日午前2時すぎ、刑務所の管理棟を爆発物で攻撃して敷地内に侵入した。

警察は、同国からの分離独立を求める非合法組織「ビアフラ先住民族(IPOB)」と傘下の民兵組織「東部治安組織(ESN)」による犯行との見方を示した。

警察によれば、武装集団はこれに先立ち、州の警察本部を襲って武器庫への侵入を図った。警官隊がこれを阻止し、死者は出なかったという。

英国で療養中のブハリ大統領は報道官を通して声明を発表し、襲撃を「テロ行為」と非難。捜査機関に脱走囚の拘束と犯行グループの逮捕を指示した。

IPOBのナムディ・カヌ指導者はCNNとのインタビューで事件への関与を否定する一方、若者を中心に政府への怒りや不満が広がっていると主張。「治安部隊に身内を殺された人々が報復を図っている」との認識を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]