奥地で遭難の豪男性、18日ぶりに発見 キノコとダムの水でしのぐ

遭難していた豪男性が18日ぶりに発見され、救出された/Queensland Police

遭難していた豪男性が18日ぶりに発見され、救出された/Queensland Police

(CNN) オーストラリアの不毛地帯で2週間以上も行方不明になっていた男性が、無事に発見され、保護された。警察によると、男性はキノコを食べ、ダムの水を飲んで生き延びていたという。

行方不明になっていたのはロバート・ウェバーさん(58)。今月6日、犬を連れてクイーンズランド州南東部キルキバンのホテルを出た後に消息が途絶え、警察が集中的な捜索を行っていた。

当局は悪天候の中でこの一帯の森林や河川、ダムなどを捜索したが、1週間後に捜索を打ち切った。

しかし行方不明になってから18日後の24日午前、土地所有者がダムの近くでウェバーさんを発見した。

ウェバーさんはCNN提携局の7ニュースに対し、渋滞を避けようとして道に迷ったと語り、「あの晩帰宅する予定だった。楽しく家に戻る途中だった」と説明。「大渋滞に巻き込まれたので右に折れて山を上り、反対側から下りた」「一瞬の判断ミスのために18日のツケを負った」と話している。

警察によると、ウェバーさんの車は見知らぬ道路で動けなくなり、犬と一緒に車の中で3日間過ごしたが、やがて飲み水が底を突いた。そこで車を離れてダムの近くにとどまり、地面に寝てダムの水を飲み、キノコを食べてしのいでいたという。

「避難場所がなく、私は気を失った。体が耐えられなかった。あれはみじめだった」とウェバーさん。当局によると、ウェバーさんは病院に運ばれたが、全体的には元気そうな様子だという。しかし一緒にいた犬は見つかっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]