南極で初の感染、36人陽性 新型コロナ全大陸に チリ軍発表

南極大陸の最北端にあるチリ軍の研究基地で36人が新型コロナの陽性と判定/Google

南極大陸の最北端にあるチリ軍の研究基地で36人が新型コロナの陽性と判定/Google

(CNN) 南極大陸の最北端にあるチリ軍の研究基地で、36人が新型コロナウイルス検査で陽性と判定された。チリ軍がこのほど発表した声明で明らかにした。南極で症例が確認されたのは初めて。それまで南極は、新型コロナウイルスの感染が及んでいない最後の大陸だった。

南極大陸最北端のトリニティー半島にあるチリの研究施設ベルナルド・オヒギンス・リケルメ基地は20日、同基地に滞在する兵士26人と職員10人が、新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたことを確認した。

これに先立ち11月27日から12月10日にかけて同基地への物資輸送の支援にあたっていた軍の艦艇で、少なくとも3人に陽性反応が出ていた。

チリ海軍によると、乗員が検査を受けたのは、兵士2人がチリのプンタアレナス港で今月10日に下船した後、検査で陽性と判定されたことを受けた措置だった。

16日に208人の乗員全員が検査を受けた結果、3人の陽性が確認された。

同艦では現在、「予防的隔離」措置が講じられている。

オヒギンス基地の人員は隔離され、衛生当局が経過観察を続けている。これまでのところ、新型コロナウイルスに伴う合併症は発症していないとチリ軍は説明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]