ナイジェリアの学校襲撃、生徒300人以上が行方不明

ナイジェリア北部カツィナ州カンカラの公立男子校が襲撃を受けた/Abdullatif Yusuf/AP

ナイジェリア北部カツィナ州カンカラの公立男子校が襲撃を受けた/Abdullatif Yusuf/AP

ナイジェリア・アブジャ(CNN) ナイジェリア北部にある学校が武装集団に襲われた件で、政府当局者は14日、CNNの取材に対し、約337人の生徒の行方が依然として判明していないと明らかにした。

現地の警察によれば、カツィナ州カンカラにある公立男子校が11日にオートバイに乗った集団に襲われた。身代金目的の誘拐の可能性がある。

カツィナ州政府の報道部門の責任者によれば、誘拐犯とみられる人物から学校の教師を通じて要求があった。ヘリコプターによる捜索を中止するよう求めるもので、身代金の要求はなかったという。生徒の捜索のために同地域には軍のヘリコプターが派遣されている。

襲撃事件を受けて学校に集まる保護者=13日/Afolabi Sotunde/Reuters
襲撃事件を受けて学校に集まる保護者=13日/Afolabi Sotunde/Reuters

同責任者によれば、少なくとも446人の生徒が親の元に戻った。しかし、電話がつながらなかったことから、数十の家庭とは生徒の安全について確認が取れていない。

国際連合は13日、誘拐を強く非難し、子どもたちを即座に無条件で解放するよう求めた。

学校から誘拐された子どもの人数については幅がある。政府当局者によれば、生徒の一部は襲撃時に逃げ、脱出した生徒も村に戻るなどしたため、人数を正確に追えていないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]