豪男性、サーフィン中にサメに襲われ死亡

救急隊員がサメに襲われた男性を治療したが負傷により死亡した=8日、豪州/Nine News Australia

救急隊員がサメに襲われた男性を治療したが負傷により死亡した=8日、豪州/Nine News Australia

(CNN) オーストラリア・クイーンズランド州ゴールドコースト郊外の海岸で8日、サーフィンをしていた男性(46)がサメに襲われ死亡した。当局が明らかにした。

警察によれば、男性は現地時間午後5時ごろ、サメに脚をかまれた。男性は地元のライフガードクラブの本部近くでサーフィンをしていた。

動画には、少なくとも6人の人物が男性を海岸に移動させる様子が捉えられていた。

目撃者が地元メディアに語ったところによれば、人々が助けようとしていたとき、男性はサーフボードの横に浮かんでいた。「水中で動かなかったため、男性は気絶したのではないかと思った」という。

男性は海岸に運ばれ、ライフセーバーが治療を始めた。男性の脚の付け根からひざにかけて傷が広がっていたという。

警察によれば、救急隊が治療にあたったものの現場で死亡が確認された。

オーストラリアのサメの襲撃について情報を集めているサイトによれば、サメによる死者は今年に入って少なくとも6人。これによれば、2019年に死者はなく、2018年も1人だけだった。

サメの専門家によれば、サメによる死者の数は年によって大きく変動することがあるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]