フランスから輸入の200万円のワニ革バッグ、税関が廃棄処分 豪

輸入したワニ革のバッグが手続きの不備のために税関で押収され廃棄処分となった/From Government of Australia

輸入したワニ革のバッグが手続きの不備のために税関で押収され廃棄処分となった/From Government of Australia

(CNN) オーストラリアの女性がフランスから購入したワニ革のバッグが、豪当局の輸入許可を得ていなかったために税関で押収され、廃棄処分されていたことが分かった。

豪国境警備隊(ABF)は今年1月、フランスの専門店からオンラインで購入されたサンローランのハンドバッグを、西部パースの港で押収した。

当局によると、女性はこのバッグを2万6313豪ドル(約204万円)で購入していた。

ワニ革製品は同国に輸入すること自体違法ではないが、野生生物の違法取引にかかわる恐れがあるため、ワシントン条約で規制されている。バッグは欧州からの輸出を許可されていたものの、同条約に基づく輸入許可を得ていなかった。

当局はバッグを押収したが、購入者にそれ以上の措置を科さないとの決定を下したという。

レイ環境相はこの件をめぐり、一部の製品は輸入に特別な許可がいることを強調。絶滅の恐れがある野生生物を守るには、動物製品の輸出入制限が不可欠だと指摘した。

税関当局によると、違法な輸入品としてはアクセサリーやみやげ物、毛皮、動物のはく製や象牙などの例がある。同国では野生生物の取引で有罪となった場合、最大で禁錮10年、罰金22万2000豪ドル(約1700万円)を科される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]