新型コロナ、胎盤から胎児への感染確認 伊研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスが胎盤を通じて胎児に感染する可能性があることがわかった/Shutterstock

新型コロナウイルスが胎盤を通じて胎児に感染する可能性があることがわかった/Shutterstock

(CNN) イタリアで新たに行われた研究により、新型コロナウイルスが妊婦の胎盤を通じて胎児に感染する可能性があることが分かった。

ミラノ大学のクラウディオ・フェニツィア氏らがまとめた報告によると、国内の感染拡大がピークに達していた時期に新型コロナに感染した妊娠後期の女性31人を調べたところ、生まれた赤ちゃんのうち2人がウイルスへの陽性反応を示したという。

研究チームは、母親と生まれたばかりの赤ちゃん、胎盤、へその緒(お)、母親の膣液、母乳を徹底的に検査。「31例中2例で、垂直感染が起きたことを如実に示す結果が出た」(フェニツィア氏)

研究チームが記した検査の概要によれば、ウイルスは胎盤と臍帯血(さいたいけつ)、妊婦の膣内や母乳から検出されたという。フェニツィア氏は、これまで母親から胎児への新型コロナの感染については十分な研究例がなかったと指摘した。

検査対象となった胎盤には、感染の兆候とされる炎症が見られた。当該の赤ちゃんのうち1人の臍帯血からは、やはり最近ウイルスに感染したことを示す抗体が確認された。

フェニツィア氏によると、妊娠後期の感染だったことが幸いし、ウイルスが赤ちゃんの発育に影響を及ぼした公算は小さいという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]