ソウルの夜空にドローン300機、医療従事者に感謝示す

ソウルの夜空彩るドローン、医療従事者に謝意

(CNN) 韓国の首都ソウルの夜空にドローン(無人機)が編隊を組んで飛行し、新型コロナウイルスの流行を受けて最前線で働く医療従事者に感謝の気持ちを伝えるとともに、市民には感染拡大抑止に引き続き取り組むよう促した。

国土交通省が10分間のイベントの調整にあたった。

ドローンによって、保護具を着用した医療従事者や手洗い、マスクをつけて社会的距離を確保する人々などのイメージが生み出された。

群衆が集まるのを避けるために事前の宣伝は行われなかった。

韓国は新型コロナウイルスを素早く封じ込めた国のひとつとして名前があがることが多いが、最近は新しい集団感染も発生している。

韓国の保健当局によれば、同国の新型コロナウイルス感染者は1万3244人で、1万1970人が隔離措置を終えている。現在隔離されている人の数は989人。死者は285人。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]