新型コロナ、米州が「新たな中心地に」 PAHO局長

日ごとの感染者数で欧米を上回った中南米。新型コロナの新たな「中心地」に/Ernesto Benavides/AFP/Getty Images

日ごとの感染者数で欧米を上回った中南米。新型コロナの新たな「中心地」に/Ernesto Benavides/AFP/Getty Images

(CNN) 世界保健機関(WHO)の米州事務局である汎米保健機構(PAHO)のエティエンヌ事務局長26日、米州がいまや新型コロナウイルス感染拡大の「中心地」となっていると述べた。中南米で報告される毎日の新型コロナウイルス感染者の人数は欧米を上回っている。

エティエンヌ氏によれば、米州全体では感染者数は240万人を超え、死者数は14万3000人以上。米州が新型コロナウイルス感染拡大の中心地となっているとの認識を示した。

ペルーやチリでも報告の件数は高水準であるとして、エティエンヌ氏は「今は規制を緩和したり、予防戦略を縮小したりする時期ではない」と警告した。

ペルーやチリは米州で新型コロナウイルスによる打撃を最も受けている国々。

チリは26日時点で感染拡大が始まってから7万7961人の感染が確認され、806人が死亡した。閣僚2人も感染が確認された。

米ジョンズ・ホプキンス大学によれば、ブラジルは先週末、ロシアを抜いて感染者数で米国に次ぐ世界2位となった。保健省によれば、今月25日時点で感染者数は37万4898人、死者は2万3473人。

エティエンヌ氏は、警戒を維持し、実証された公衆衛生上の措置を積極的に実施するよう呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]