取り締まりの警官を刀で襲撃、手首切断 7人重傷 インド

警察が回収された武器を公開する様子=12日、インド北部パティヤーラー/Bharat Bhushan/Hindustan Times via Getty Images

警察が回収された武器を公開する様子=12日、インド北部パティヤーラー/Bharat Bhushan/Hindustan Times via Getty Images

ニューデリー(CNN) 新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)が続くインドで、取り締まり中の警官が襲撃され、手首から先を刀で切り落とされる事件が起きた。

事件はインド北部のパンジャブ州で12日に発生。ロックダウンを徹底させるための取り締まりを行っていた警官が襲撃され、7人が重傷を負った。

左手を切り落とされた警官は、8時間近くにわたる再建手術を受けた。

州高官がCNNに語ったところでは、少数派シーク教徒の戦闘集団「ニハング」に所属する男7人を乗せた車両が、野菜市場前のバリケードで停車させられた。

警官が通行証の提示を求めると、1人の男が刀を抜いて、警官の手首から先を切り落とした。

ほかの警官6人も、背中を刀で切られるなどして重傷を負い、病院に搬送された。

州高官によると、左手を切断された警官は7時間半におよぶ手術を受け、手先は無事に再建された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]