南太平洋バヌアツに強力なサイクロン、新型コロナ対策は中断

南太平洋の島国バヌアツに、過去5年で最強レベルのサイクロンが上陸/CNN Weather

南太平洋の島国バヌアツに、過去5年で最強レベルのサイクロンが上陸/CNN Weather

(CNN) 南太平洋の島国バヌアツに5年ぶりの強力なサイクロンが上陸し、政府の新型コロナウイルス感染対策は一部中断している。

サイクロン「ハロルド」は6日の時点で最大風速約69メートルと、ハリケーンの分類で最も強いカテゴリー5に相当するレベルに迫った。同国最大のエスピリトゥサント島に到達し、同島に上陸した過去最大のサイクロンとなった。

ハロルドはその後さらに南東へ進み、数時間後にはペンテコスト島に再上陸した。この日のうちにさらに勢力を強め、最大風速が75メートル、最大瞬間風速は83メートル超となった。

気象当局は警戒レベルを最大級に引き上げた。国内では通信施設の一部に障害が出ている。

バヌアツ政府は新型ウイルスの感染拡大を受け、先月26日に非常事態宣言を発令していた。今のところ感染者は確認されていないが、6人以上の集まりが禁止され、小売店やバー、レストランの営業は午後7時半、公共交通機関の運行は午後9時までと定められている。

しかし災害対策当局は、避難先が必要なサイクロン被災者をこうした規制の対象外とする方針を明らかにした。

ハロルドは今後1日半~2日かけてさらに南東へ進むとみられ、8日にはフィジー諸島最大のビティレブ島にハリケーン級の暴風をもたらす恐れがある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]