たばこ欲しさに外出禁止令破り、フランスからスペイン目指した男性が遭難

男性はピレネー山脈を越えてスペイン入りしようとしたところで遭難した/PGHM des Pyrénées-Orientales

男性はピレネー山脈を越えてスペイン入りしようとしたところで遭難した/PGHM des Pyrénées-Orientales

(CNN) 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために外出禁止令が出されているフランスで、安いたばこを買うために禁止令を破って国境を越え、スペインに入国しようとした男性が、山中で遭難してレスキュー隊に救助された。フランス警察の山岳レスキュー隊が明らかにした。

レスキュー隊のフェイスブックによると、男性は4日にヘリコプターで救助された。「疲れ果て、寒さに凍えて道に迷った」状態だったという。

男性は車でフランス南部のペルピニャンを出発した。ところが警察の検問で道路が封鎖されていたことから、スペインのラ・ジョンケラを目指して徒歩で国境を越えようとした。

しかし山中で道に迷い、斜面で足を滑らせて茂みの中の沢に転落、電話で助けを求めた。

レスキュー隊はすぐに男性の居所を突き止め、ヘリコプターで救助してペルピニャンに搬送した。男性は外出禁止令に違反した罪で135ユーロ(約1万6000円)の罰金を命じられた。

「もう1度言っておく。自宅にとどまりなさい」とレスキュー隊は書き込んでいる。

各国の政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、公衆衛生対策に違反した人の処罰を行っている。

ハワイでは、島と島の間で移動する場合は2週間の自己隔離を義務付けている。この命令に違反して外出した場合、起訴されて有罪になれば5000ドル(約54万円)以下の罰金か1年以下の禁錮を言い渡される可能性がある。

中国では、中国系オーストラリア人の女性が禁止命令を破ってジョギングに出かけ、解雇されて国外退去を命じられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]