森林火災鎮火を公式宣言、240日余の災難 豪州NSW州

空が赤く染まるほど激しかった森林火災=1月6日、ニューサウスウェールズ州ジンダビン/Saeed Khan/AFP/Getty Images

空が赤く染まるほど激しかった森林火災=1月6日、ニューサウスウェールズ州ジンダビン/Saeed Khan/AFP/Getty Images

(CNN) オーストラリア東部ニューサウスウェールズ(NSW)州の消防当局は7日までに、同州で240日間以上続いていた森林火災の鎮火を公式に宣言した。

昨年7月初旬から始まった火災では少なくとも住民ら28人が死亡し、民家約3000棟が全焼などしていた。野生動物の被害も甚大で最大10億匹が影響を受けたとされる。

今回の公式な制圧宣言は今月2日だが、同州の消防当局は先月13日、州内で発生していた全ての火災の封じ込めに成功したと初めて発表していた。火災は他州でも起きていたが、ニューサウスウェールズ州の被害が最も大きかった。

森林火災の封じ込めは部分的に豪雨の到来の恩恵もある。ただ、大雨は逆に大規模な洪水、強風や危険な荒波などももたらし、同州内では数カ所の町の住民が退避し、多数の学校が休校措置を講じる副作用も生じていた。

豪雨は火災の封じ込めに寄与したが、洪水被害ももたらした=2月10日、ニューサウスウェールズ州コビッティ/Jenny Evans/Getty Images
豪雨は火災の封じ込めに寄与したが、洪水被害ももたらした=2月10日、ニューサウスウェールズ州コビッティ/Jenny Evans/Getty Images

オーストラリアは毎年の夏、火災シーズンに遭遇するが、今回の森林火災は数カ月に及んだ厳しい熱波や史上最悪級ともされる干ばつにあおられた側面もあった。ニューサウスウェールズ州にある同国の主要都市シドニーでは昨年12月、激しい煙害に襲われ、大気環境が健康に有害とされるレベルの11倍に達する水準も記録していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]