オーストラリア、山火事を起こした罪で24人検挙

家屋の近くで発生している森林火災を注視する隊員ら/David Gray/Getty Images

家屋の近くで発生している森林火災を注視する隊員ら/David Gray/Getty Images

(CNN) オーストラリアの山火事で特に大きな被害を受けている南東部ニューサウスウェールズ州の警察は6日、意図的に火災を起こしたとして、これまでに少なくとも24人が検挙されたことを明らかにした。

発表によると、州警察は昨年11月8日以降、火災関連で少年40人を含む183人に対し、警告から刑事訴追までさまざまな法的措置を取った。

このうち53人は火気厳禁の指示に従わず、47人は火のついたたばこやマッチを地面に捨てたとされる。

オーストラリアで続く大規模な山火事ではこれまでに少なくとも24人が死亡し、草原や林など730万ヘクタール近くが焼失。野生生物にも深刻な被害が及んでいる。

ニューサウスウェールズ州警察は各地で火気の使用を取り締まっている。5日には作業中の男性が工具から火花が出ていたとして検挙された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]