ヒトラー時代想起させる「憎しみの文化」警告、ローマ法王

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王/VINCENZO PINTO/AFP via Getty Images

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王/VINCENZO PINTO/AFP via Getty Images

ローマ(CNN) ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は15日、ユダヤ人や性的少数者を標的にした一部の出来事を伝え聞くとヒトラーの時代が想起されるとの心境を打ち明けた。

ローマで今週開かれている刑事法の国際団体の会合で演説した。法王はこの中で「公共の秩序や政府に責任がある人物による一部の演説を耳にした時、ヒトラーの1934年あるいは36年の演説を思い出させる」と指摘。

「ユダヤ人やジプシー、同性愛指向の人々を迫害したナチズムの典型的な行動に等しく、使い捨て文化や憎しみの文化の抜きん出た否定的なモデルを意味する」と主張。これらの現象が現在、再び表面化しているとし、市民社会や宗教的な社会は油断せず、このような退化と妥協するような事態は避けるべきだと訴えた。

法王は13日、反ユダヤ主義について「人間やキリスト教徒にふさわしくない」との考えも示していた。

フランシスコ法王はヒトラー時代を想起させるとの出来事の詳細には触れなかった。ただ、最近、ナチス・ドイツのアウシュビッツ強制収容所から生還した89歳女性がイタリアでインターネット上も含めた反ユダヤ主義的な脅迫を受け、警察の保護下に置かれる騒ぎがあった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]