バチカン高位の枢機卿、少年への性的虐待で控訴棄却 豪裁判所

ジョージ・ペル枢機卿の控訴が退けられた/CON CHRONIS/AFP/Getty Images

ジョージ・ペル枢機卿の控訴が退けられた/CON CHRONIS/AFP/Getty Images

メルボルン(CNN) ローマ法王庁(バチカン)の高官を務めたオーストラリア出身のジョージ・ペル枢機卿(78)が少年への性的虐待で有罪となった裁判で、同国の控訴裁判所は21日、被告の控訴を棄却する判断を下した。

ペル被告はメルボルン大司教だった1990年代、日曜日のミサの後で聖歌隊の少年2人に性的行為を強制したとして有罪の評決を受け、3月に禁錮6年の刑を言い渡された。

弁護側はただちに控訴の手続きを取り、6月には被告が当時、ミサの後で誰にも気付かれないまま犯行に及ぶことは不可能だったなどとする反証を提示した。

控訴審の判事3人は2対1の多数決により、これらを全て却下。第一審で提示された証拠に基づいて「合理的な疑いの余地なく有罪」との判断を下した。

ペル被告は法廷で無表情のまま、判事をまっすぐに見つめて判決を聞いた。

被害者のうち1人は薬物中毒で死亡したが、もう1人が成人後、警察に届け出たことをきっかけに捜査が始まった。現在30代になったこの男性は弁護士を通し、判決に安堵(あんど)したと述べた。

亡くなった元少年の父親も「肩の荷が下りた」「こんなことをする人間を許すわけにはいかない」と語った。

ペル被告は、カトリック教会内部の性的虐待問題で有罪となった聖職者の中で最高位の人物。控訴棄却後は刑務所に身柄を戻されたが、引き続き無罪を主張している。

弁護側は最高裁に上告するかどうかを検討する構え。上告する場合の期限は4週間後と定められている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]