ローマ法王庁、「電子ロザリオ」発表 クリックで祈りを

ローマ法王庁はスマートフォンのアプリと連動して操作する「電子ロザリオ」を発表した/courtesy Vatican News

ローマ法王庁はスマートフォンのアプリと連動して操作する「電子ロザリオ」を発表した/courtesy Vatican News

(CNN) ローマ法王庁は16日、10月のロザリオ月間に合わせ、スマートフォンのアプリと連動して操作する「電子ロザリオ」を発表した。製品名は「Click to Play(クリックして再生)」をもじった「Click to Pray(クリックして祈り)eRosary」と命名している。

電子ロザリオはブレスレットのように手首にはめ、アプリを使って操作する。カトリック教徒が祈りをささげる際の十字を切るしぐさをするとロザリオが起動。「ロザリオの祈り」の内容は標準ロザリオと、瞑想(めいそう)ロザリオ、および毎年更新されるテーマロザリオの3種類の中から選択できる。

ユーザーが祈りを始めると進捗(しんちょく)状況が表示され、完了するごとに継続状況が記録される。

今回のプロジェクトはローマ法王が推進する「祈りの世界ネットワーク」の一環で、教会の伝統と世界の最先端技術を組み合わせることにより、ネットやITを使いこなす2000年代に大人になった「ミレニアル世代」や1990年代中ごろ~2000年代中ごろに生まれた「ジェネレーションZ世代」への布教推進を図る。

ローマ法王庁は「ロザリオを使って世界の平和のために祈る方法を学んでほしい」と説明している。

電子ロザリオは110ドル(約1万2000円)で販売されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]