日本人が9千万円の腕時計盗まれる、高級時計狙い続発 パリ

スイスの高級時計メーカー、リシャール・ミルの「トゥールビヨン・ダイヤモンド・ツイスター」(小売価格75万7000ユーロ=約8900万円)/from RichardMille.com

スイスの高級時計メーカー、リシャール・ミルの「トゥールビヨン・ダイヤモンド・ツイスター」(小売価格75万7000ユーロ=約8900万円)/from RichardMille.com

(CNN) フランス・パリに滞在中の日本人実業家が、腕にはめていた約9000万円相当の腕時計を盗まれる被害に遭った。

パリ警察によると、男性は現地時間の7日午後9時ごろ、凱旋門やシャンゼリゼ通りに近い五つ星ホテルからたばこを吸いに出たところで、腕時計を盗まれた。

CNN系列局のBFMTVによると、被害者の男性は、近寄って来た男にたばこが1本欲しいと求められ、手を差し出したところ、腕時計を盗まれたという。盗んだ男は現場から逃走した。

盗まれたのはスイスの高級時計メーカー、リシャール・ミルの「トゥールビヨン・ダイヤモンド・ツイスター」で、小売価格は75万7000ユーロ(約8900万円)。高額品だったことから、捜査は組織犯罪捜査部門に引き継がれた。

パリではこの数カ月、高級腕時計の盗難事件が相次いでおり、今年に入って8月までに71件の被害届が出されていた。

事件のほとんどは、高級ホテルや宝飾店が並ぶシャンゼリゼ通り周辺で発生。7月には1日で4件の盗難事件が起きた日もあり、総額19万ユーロ相当の腕時計が盗まれていた。

盗難品の時計は闇市場で市価の30~50%の値段で転売されているという。

腕時計を盗む手口はさまざまで、被害者が殴られたり、スクーターではねられたりすることもある。

たばこを求めたり、写真を撮ると見せかけて腕時計を盗んだり、車のバックミラーにぶつかって運転車がミラーを直そうと手を伸ばした隙に腕時計を奪う手口もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]