外国人の襲撃相次ぐ南ア、ナイジェリア人が一斉退避へ

外国人を狙った襲撃が多発する南アに対し行われた抗議デモの参加者/KOLA SULAIMON/AFP/AFP/Getty Images

外国人を狙った襲撃が多発する南アに対し行われた抗議デモの参加者/KOLA SULAIMON/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 南アフリカで外国人への襲撃が続発していることを受け、ナイジェリア政府は9日、同国にいるナイジェリア人数百人を一斉に退避させる方針を示した。

在外ナイジェリア人団体の責任者によると、南アからの帰国便が11日以降、最大都市ヨハネスブルクを出発する。帰国を希望している640人を2機に分乗させる予定。希望者はさらに増える可能性もあるという。

ナイジェリアの大統領報道官によると、ブハリ大統領は南アで繰り返される暴力に深い懸念を示し、同国政府に対応を求めている。事態を放置すれば、アフリカ主要国としての南アのイメージや地位に悪影響が及ぶとも警告している。

これに先立ち、ナイジェリアの不動産会社が先週、南アからの帰国便を無料で提供したところ、10人が利用したという。

先週1週間にヨハネスブルクや首都プレトリアで起きた襲撃事件では、外国人2人を含む計10人が死亡した。ナイジェリアやエチオピア、ザンビア、ケニアからの移民が経営する商店などが標的になった。

ナイジェリアは在南ア大使を召還した。ナイジェリア人が南ア系資本を襲う報復攻撃も起きている。マダガスカルとザンビアのサッカーチームは、南ア代表との試合を中止した。

ヨハネスブルクの中心街では8日、新たな襲撃事件で2人が死亡、16人が拘束された。

南アのラマポーザ大統領は9日、捜査当局に断固とした対応と警戒を呼び掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]