ボリス・ジョンソン氏、英首相に就任 期限までのEU離脱を約束

ボリス・ジョンソン氏が正式に英首相に就任した/Jeff J Mitchell/Getty Images

ボリス・ジョンソン氏が正式に英首相に就任した/Jeff J Mitchell/Getty Images

ロンドン(CNN) 英与党・保守党の党首選に勝利したボリス・ジョンソン氏は24日午後、バッキンガム宮殿でエリザベス女王と会見し、正式に首相に就任した。

英国は10月31日までに欧州連合(EU)から離脱する方針を掲げているが、ジョンソン氏は改めて、期限内の離脱を実施する考えを明言した。

ジョンソン氏は、ダウニング街10番地(首相官邸)の外で演説し、EUからの離脱を疑う人や惨事を招くと指摘する人、悲観する人は「再び間違うことになる」と指摘した。

ジョンソン氏は「『もし』も『しかし』もない」とし、期日までの離脱を約束した。

ジョンソン氏は組閣に着手し、閣僚の多くを入れ替える見通し。党首選でジョンソン氏と首相の座を争ったジェレミー・ハント氏は外相のポストを外れた。新外相には、EU離脱相を務めたドミニク・ラーブ氏が就く。また、ジョンソン首相の弟、ジョー・ジョンソン氏が民間企業・エネルギー・産業戦略相に就任する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]