ガラスの外壁でフリークライミング、ロンドンの超高層ビルよじ登る

英ロンドンの超高層ビル「ザ・シャード」/Peter Macdiarmid/Getty Images Europe/Getty Images

英ロンドンの超高層ビル「ザ・シャード」/Peter Macdiarmid/Getty Images Europe/Getty Images

(CNN) 英ロンドンで8日、欧州連合(EU)一の超高層ビル「ザ・シャード」(高さ約310メートル)のガラス製の外壁をよじ登る男性の姿が目撃された。ロンドン警視庁によると、男性は装具を身に着けていなかった。

ロンドン警視庁によれば、現地時間の午前5時15分ごろ、「フリークライマー」がザ・シャードをよじ登っていると通報があった。ツイッターには目撃者が撮影した動画が投稿された。

男性は、駆けつけた救急隊に付き添われてビルの中に入った。警察は男性から事情を聴いたものの、逮捕はしなかった。

ザ・シャードでは2013年7月にも、北極圏の石油掘削に抗議する女性6人がよじ登って逮捕されている。この6人は環境団体グリーンピースの活動家で、石油大手シェルによるアラスカとロシアでの石油掘削計画に抗議していた。

一般の観光客は27ポンド(約3700円)の料金で、エレベーターを使って最上階に到達できる。

高層ビルをよじ登りたい誘惑を抑えられなかったのは、8日に目撃された男性にとどまらない。

著名フリークライマーのアラン・ロベールさんは2018年10月、ロンドン市内のセールスフォースタワー(高さ230メートル)を制覇して、オフィスワーカーを驚かせた。

ロベールさんは過去にも、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイにある世界最高層ビルのブルジュ・ハリファを含め、世界中の超高層ビルに挑んでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]