台湾の犯罪容疑者94人、中国へ集団移送 スペイン

北京(CNN) 中国国営の新華社通信は9日までに、スペインを拠点に中国国民に電話で接触し多額の金額を詐取していた台湾出身の犯罪容疑者計94人の身柄が中国に集団移送されたと報じた。

チャーター機で北京へ連行されたもので欧州から中国へのこれほどの規模の同時移送は初めてとした。スペインは2006年、西側の先進国として初めて中国と犯罪人引き渡し条約に調印した。

過去にも外国で台湾出身者の犯罪容疑者が拘束され、中国へ引き渡された事例はあるが、台湾は基本的な人権の重大な侵害として批判していた。

新華社によると、今回移送された94人は2016年、金銭をだまし取るため中国の法執行機関要員を装って中国国民に電話で接触。両国は「万里の長城作戦」と称する捜査で協力し16年12月にスペインで容疑者237人を逮捕していた。

被害額は1億2000万元で、現在の為替相場では約19億2000万円に相当する。

中国は被害者全員が中国本土の住人だったため17年に容疑者の身柄送還を要求。司法手続きに関する交渉などが2年以上続いた後、スペインの裁判所は容疑者全員の送還に合意した。数回にわたって引き渡された容疑者はこれまで計225人で、うち218人が台湾の出身者だった。

中台関係は現在、政治的に厳しい状況にある。中国への犯罪人引き渡しをめぐっては中国の特別行政区である香港の政府が関連条例を議会に提案し、民主派の活動家らが反発する騒ぎとなっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]