ホセ・アントニオ・レジェスさんが交通事故死、サッカー元スペイン代表

サッカー元スペイン代表レジェスさんが死去

(CNN) アーセナルやレアル・マドリードなどサッカーの有名クラブで活躍した元スペイン代表選手のホセ・アントニオ・レジェスさんが交通事故に巻き込まれ、死去したことが2日までにわかった。35歳だった。

かつての所属先であるスペイン1部リーグのセビージャがツイッター上で1日明らかにした。事故の詳細は伝えられていない。

レジェスさんは今季、同国2部リーグのエストレマドゥラでプレーしていた。

セビージャの下部組織育ちで16歳の時にプロデビュー。その後、頭角を現しアーセナル、レアル・マドリードやアトレチコ・マドリードなどに移籍していた。

セビージャに復帰した2016年には主将として欧州リーグの優勝に貢献。スペイン1部リーグの最後の所属クラブは同年に移ったエスパニョールだった。

スペイン代表としても21試合に出場。06年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会の代表にも選ばれていた。

レジェスさん死去を受け、アーセナルはツイッター上で弔意を表明。死去の報に打ちひしがれているとし、在籍時代には大変な人気選手だったとしのんだ。アーセナル時代に同僚だった元フランス代表のティエリ・アンリさんも素晴らしい選手だったと追悼した。

スペインのサッカー連盟も哀悼の意を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]