全長38mの急傾斜滑り台でけが人続出、オープン翌日に閉鎖 スペイン

スペインのエステポナに設置された全長38メートルの滑り台。オープン翌日に閉鎖された/Ayuntamiento de Estepona

スペインのエステポナに設置された全長38メートルの滑り台。オープン翌日に閉鎖された/Ayuntamiento de Estepona

(CNN) スペイン南部のコスタデルソルにこのほど完成した全長38メートルの滑り台が、開業から24時間足らずの間にけが人が続出したことを受けて、点検のため閉鎖された。

コスタデルソルの町エステポナにある滑り台は、スペインの都市部にある滑り台としては最長とされ、公園の拡張計画の一環として9日にオープンした。高低差の激しい2つの通りを結ぶ構造で、徒歩で10分かかる移動時間を数秒に短縮できるという触れ込みだった。滑り台が不安な人のために、急な斜面を下る歩道も併設された。

ところが滑り台は32~34度の傾斜角度があり、SNSにはオープン直後から、利用者の苦情や安全性に対する懸念の声が相次いだ。

滑り台を使って擦り傷ができたという腕の写真をツイッターに投稿した女性は、「滑り降りたら全身傷らだけになった。私は2メートル飛ばされ、警察が笑い出した」と怒りをぶつけた。

「市民が危険にさらされる」「毎日救急車を見かける」などの投稿もあった。

市は翌10日、滑り台を閉鎖して追加的な点検を行うと発表した。一方で、安全性については専門企業の認定を受けており、安全な使い方に関する説明も滑り台横に掲示してあると強調。「寝そべった姿勢で滑ることは禁止し、座った姿勢で腕を内側に入れて滑ることを義務付けている。他人が使っている間に使用することは許可していない」と説明している。

SNSでは、利用者が滑り終わったところで滑り台から飛び出す様子を撮影した写真や動画も拡散しているが、市当局は「きのう(9日)は1000人以上が滑り台を試し、適切な使い方をして、何のトラブルもなかった」と強調している。

ツイッターには「酔った観光客が死ぬまでにどれくらいかかるかな」という投稿もあった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]