数百匹の捨て猫に救われた街、台湾の「猫村」を訪れる

今や猫好きの聖地、台湾の「猫村」を訪ねる

(CNN) 台湾北部にある猫村の「ホウトン」。到着した瞬間から、たくさんの猫たちの出迎えを受ける。

猫形の橋、歩道脇に置かれた餌入れ、猫をあしらった道路標識、猫カフェ。そしてもちろん、至る所で気ままにくつろぐ猫たちの姿。

新北市にあるホウトンは1900年代初めまで、台湾で最大の炭鉱の街として栄えた。しかし1990年に廃坑となってからは若者の流出が続き、人口は最盛期の6000人から100人程度にまで減っていた。

転機は2010年、猫を愛する写真家が、増え続ける捨て猫についてブログを書き始めたことをきっかけに訪れる。ホウトンは一躍有名になって猫好きのメッカになり、猫は住民の大きな収入源になった。

捨て猫たちは今、住民やボランティアが面倒を見ている。猫グッズの店や猫カフェも増え、地元自治体はこの機をとらえて村の活性化に乗り出した。

猫遊歩道が建設され、道路には猫の肉球をあしらった金属版が並び、2014年にオープンした猫情報教育センターは、建物の前に猫の高架式歩道橋がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]