寝室の壁の裏に8万匹のハチ、民家で夫婦と「共存」 スペイン

今回の件については、ハチの専門家セルジオ・ゲレロさんのもとに相談が寄せられた/Sergio Guerrero/La Colmena Sanadora

今回の件については、ハチの専門家セルジオ・ゲレロさんのもとに相談が寄せられた/Sergio Guerrero/La Colmena Sanadora

(CNN) スペイン南部の歴史都市グラナダの民家で、寝室の壁の裏に8万匹のハチが巣を作っているのが見つかった。

この家に住む夫婦は、しばらく前からブンブンという騒音に悩まされていた。やがて騒音がひどくなり、夜も眠れないほどになった。

ハチの巣の移動を専門に手掛けるセルジオ・ゲレロさんがCNNに語ったところによると、夫婦は1年ほど前から家の中でハチを見かけるようになった。しかし警察も消防も地元自治体も助けにならなかったという。

暖かくなるにつれて騒音は激しくなり、ゲレロさんの会社に相談が寄せられた。「3カ月ほど前から耐えられない騒音があったのに、夫婦にはどうすればいいのか分からなかった」とゲレロさんは言う。

5月12日、この家を調べたゲレロさんが見たのは、経験豊富な養蜂業者にとってさえショッキングな光景だった。寝室の壁の裏側には、約8万匹のハチがすむ巣があった。

巣の巨大さを考えると、2年ほど前からそこにあったと思われ、これほどの騒音を立てるハチと人が共存できていたことに驚いたとゲレロさんは話す。

ハチは巣を出入りして大きな騒音を立てる日もあれば、巣の中で静かにしている日もあったとみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]