電車に薬物を置き忘れ、氏名・住所わかるバッグとともに 英

路面電車内で、麻薬と自らの氏名、住所がわかるリュックサックが発見される出来事があった/ERIKA SANTELICES/AFP/AFP/Getty Images

路面電車内で、麻薬と自らの氏名、住所がわかるリュックサックが発見される出来事があった/ERIKA SANTELICES/AFP/AFP/Getty Images

ロンドン(CNN) イングランド北部マンチェスターの警察は8日、麻薬密輸容疑者とみられる男が市内の路面電車内に麻薬と自らの氏名、住所がわかるリュックサックを置き忘れる一幕があったと報告した。

マンチェスター大都市圏の警察はフェイスブック上で、「哀れな個人がベリー線に乗車中、リュックサックを忘れてしまった」と説明。「ありがたいことにリュックサックの所持者は、地域への奉仕活動を義務付けることを示すカードと氏名、住所も残してくれた」とも続けた。

フェイスブック上の書き込みのタイトルは「取引もしくは取引なし???」とされ、紛失物を所有者に返そうとも記し、男の逮捕に努めていることも示唆した。

また、リュックサックと中に入っていた25個の小包、大量の白色の粉末、白色のクラックコカインとはかりがあった別の複数の小さなバッグの写真も掲載した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]