ヒョウが男児殺す、ライオンの群れは外へ逃亡 南ア保護区

クルーガー国立公園に生息するヒョウ/Warren Little/Getty Images Europe/Getty Images

クルーガー国立公園に生息するヒョウ/Warren Little/Getty Images Europe/Getty Images

(CNN) 南アフリカにある鳥獣保護区のクルーガー国立公園の管理当局は8日までに、野生のヒョウ1頭が2歳の男児を襲い、殺す騒ぎがあったと報告した。

男児は公園職員の子どもで、公園内の居住区で襲われたという。搬送された近くの町の病院で死亡が確認された。問題のヒョウは後で発見され、射殺処分にしたという。

ヒョウの攻撃の経緯は伝えられていない。同公園管理当局の報道担当者は声明で、捕食動物と観光客や職員との接触は珍しいことではないが今回のような悲劇は非常に珍しいと指摘。動物の自然の生態の変化につながるかもしれないとも述べた。

同公園はアフリカで最大規模の1つで、広さは7500平方マイル(約1万9425平方キロ)以上。

一方、同国リンポポ州政府も8日までに、クルーガー国立公園内に生息していたライオンの群れの計14頭が公園の境界線から逃げ出して隣接するファラボルワ町内で目撃されたと報告し、住民に注意を呼び掛けた。

逃げたのは6日で捕獲すれば公園内に戻すとしている。公園内にはライオン約2000頭が生息し、同町と公園用地とはフェンスで隔てられているという。どうやって公園内から抜け出したのかは不明。

同公園内では今年4月、サイの密猟者とみられる男性の頭蓋骨(ずがいこつ)と半ズボンも見つかる騒ぎがあった。ゾウに踏まれた後、ライオンに襲われたとみている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]