ピラミッド観光のバス狙い爆発、17人負傷 エジプト

バスの近くで装置が爆発し、別の車のフロントガラスも損傷を受けた/Mohammed Salah/AP

バスの近くで装置が爆発し、別の車のフロントガラスも損傷を受けた/Mohammed Salah/AP

カイロ(CNN) エジプトの首都カイロ近郊ギザのピラミッド付近で19日、観光バスを狙ったとみられる爆発があり、搬送先の病院によると少なくとも17人が負傷した。

政府系紙アハラムによると、バスには南アフリカからの旅行客25人が乗っていた。爆発で別の車のフロントガラスも割れたという。

ツアーガイドと乗客の1人が搬送先の病院前でCNNに語ったところによると、一行は同日昼にカイロ空港に到着し、ギザの大ピラミッドなどに向かっていた。

病院から出てきた女性は「『これがピラミッドです』とガイドが言った瞬間、爆発が起きた」と話した。

病院の医師がCNNに語ったところによれば、外国人旅行客10人とエジプト人7人が軽傷で運ばれた。このうち10人は手当てを済ませ、7人は別の病院へ移されたという。

一方、エジプト観光相はツイッターで「小規模な爆発」が起きたと発表。乗客28人のうち数人が軽傷を負い、3人が念のため病院で手当てを受けたと書き込んだ。

車で近くを通過した目撃者はCNNに「バスがやられたが、爆発はしなかったようだ」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]