同じホテル滞在の米国人3人が相次ぎ死亡、昨年もカップルが体調急変 ドミニカ共和国

ドミニカ共和国滞在中に急激な体調不良に襲われた米国のカップルがホテルを提訴した/Courtesy Kaylynn Knull

ドミニカ共和国滞在中に急激な体調不良に襲われた米国のカップルがホテルを提訴した/Courtesy Kaylynn Knull

(CNN) 中米ドミニカ共和国のリゾートホテルに滞在していた米国人3人が、相次いで死亡していたことが明らかになった。昨年、同じホテルに滞在した米コロラド州のカップルも、この施設に滞在していて急に具合が悪くなったと証言。エアコンを通して殺虫剤がまかれた疑いがあるとして、同ホテルを相手取って訴えを起こしている。

コロラド州に住むケイリン・クナルさん(29)とボーイフレンドのトム・シュワンダーさん(33)は昨年6月、ドミニカ共和国のホテル滞在中に具合が悪くなったとして、今年に入り、同ホテルの経営者を提訴した。

クナルさんはCNNの取材に対し、同じホテルに滞在したメリーランド州の夫婦とペンシルベニア州の女性が死亡したと知って、激しい憤りに駆られたと話し、「何かがある。私たちに起きたことは、彼らに起きたことと関係があるかもしれない」と語った。

エドワード・ホルムズさん(63)とシンシア・デイさん(49)のカップルは先月、このホテルの部屋で、意識を失った状態で見つかった。

地元当局による検視の結果、2人は呼吸器不全と肺水腫を起こしていたことが判明。デイさんは脳浮腫も起こしていた。

その5日前には、夫とともに滞在していたミランダ・シュアップワーナーさん(41)が死亡した。両カップルとも、同じ日にチェックインしていた。

シュアップワーナーさんは心臓発作と肺水腫、呼吸器不全を起こした形跡があった。毒物検査の結果はまだ出ておらず、地元当局が3人の死亡について捜査を続けている。

ホテルの広報担当はクナルさんとシュワンダーさんの提訴について、係争中であることを理由にコメントを避けた。ホルムズさん、デイさん、シュアップワーナーさんの死については、「2つの不幸な出来事について、相関関係をうかがわせる痕跡はない」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]