トランプ大統領は「11歳児並み」、ロンドン市長が批判

トランプ氏の振る舞い、「まるで11歳児」とロンドン市長

ロンドン(CNN) 英ロンドンのカーン市長が、米国のトランプ大統領から「完全な敗者」と揶揄(やゆ)されたことを巡り、トランプ大統領は11歳児並みだと表現した。

カーン市長はトランプ大統領が国賓として英国に到着した3日に行った発言について、「少しも気分を害していない」としながらも、米国にはもっと模範的な振る舞いを期待したいと述べ、「まるで11歳児のような振る舞いだ」と指摘した。

その上で、「彼がどう振る舞うかは自分で決めることだ。私は同じような振る舞いで応じることはしない。子どもじみたツイートや中傷は私に合わない」と語った。

トランプ大統領は国賓として3日間の日程でロンドンに滞在中。3日にはエリザベス女王に面会し、バッキンガム宮殿で行われた晩餐会に出席した。

一方で、トランプ大統領に対する抗議デモも展開され、CNNがロンドン市役所でカーン市長にインタビューしている間にも、トランプ大統領を赤ん坊に見立てておむつを履かせた「トランプ・ベイビー」の巨大風船が国会議事堂上空に浮かんでいた。

ロンドン市民には、平和的に行う限り、抗議する権利があるとカーン市長は語る。英国が欧州連合(EU)から離脱した後の貿易協議については、「彼(トランプ大統領)のムードは時々刻々と変わる」と指摘して慎重な見方を示した。

カーン市長はさらに、トランプ大統領が白人至上主義を増長させていると述べ、移民政策や女性やLGBTの権利擁護を巡る姿勢も批判した。一方で、英国民は米国との「特別な関係を大切にしている」「米国を愛し、米国の政治家たちを尊敬している」とも強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]