CNN EXCLUSIVE

イラン外相、トランプ米政権に警告 「敬意」なければ交渉には応じず

「約束破った相手と交渉する気ない」 イラン外相

テヘラン(CNN) イランのザリフ外相は21日放送のCNNとの単独インタビューで、トランプ米政権が同国への「敬意」を示さない限り、交渉には応じないとの姿勢を示した。

ザリフ氏は、米国が今月、空母打撃群や爆撃機部隊をイラン近海へ派遣したことについて、狭い地域に配備を集中させること自体が事故につながる恐れもあると指摘。「米国は極めて危険なゲームをしている」と強調した。

同氏はまた、2015年に欧米など6カ国と結んだ核合意から、米国が1年前に離脱したことを改めて批判。「約束を破った相手と交渉する気はない」と明言した。

イランは今月、核合意の履行を一部停止すると表明した。トランプ大統領は19日のツイートで「イランが戦いを望むなら、それがイランの正式な終わりだ」「二度と米国を脅すな」と威嚇していた。

ザリフ氏はインタビューで、イランが脅しに屈することはないと主張し、同国とは「脅しを通してではなく、敬意を通して」話し合うのが唯一の道だと述べた。

事態がエスカレートすれば「つらい結果」を招くことになると警告する一方、イラン側はエスカレートさせたいわけではないと強調。米国側が仕掛けている「経済戦争」をただちにやめるべきだと訴えた。

米国の制裁はイラン国民から生活の糧を奪っていると語ったうえで、米国を「人々が我が国から石油を買うのを邪魔するいじめの加害者」と呼び、制裁はイラン国民に対する「テロ」に等しいと非難した。

イランのタスニム通信は20日、同国が低濃縮ウランの製造ペースを4倍に加速させたと伝えた。このペースでは、核合意で低濃縮ウラン貯蔵量の上限とされていた300キロをまもなく超えることが予想される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]