スリランカ、全身覆う「ブルカ」を禁止

スリランカ東部カッタンクディーで少女と歩くブルカを着用した女性/LAKRUWAN WANNIARACHCHI/AFP/Getty Images

スリランカ東部カッタンクディーで少女と歩くブルカを着用した女性/LAKRUWAN WANNIARACHCHI/AFP/Getty Images

(CNN) スリランカで29日から、イスラム教徒の女性が全身を覆う衣装「ブルカ」の着用が禁止される。21日の連続爆破テロを受け、シリセナ大統領が決断を下した。

シリセナ氏はブルカを「安全への脅威」「原理主義の旗印」と位置付けた。大統領府によると、同氏は「治安強化を支援し、手配中の犯人の正体を軍が特定しやすくするために」着用禁止を決めたという。

スリランカの警察は、爆破テロにイスラム過激派「ナショナル・タウヒード・ジャマート(NTJ)」が関与したとみている。過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が犯行声明を出したが、実行犯らとの直接の関係を裏付ける確固とした証拠はまだない。

当局はさらなる攻撃が迫っている可能性もあるとして厳戒態勢を敷いている。警察は同国東部を中心に大規模な捜索作戦を展開している。

ブルカは頭からつま先までを覆い、目の部分も網で隠す衣装。スリランカでは爆破テロの後、少なくとも1軒のホテルが顔を隠す衣装の着用を禁止したとされる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]