CNN EXCLUSIVE

スリランカ爆発 ISISが犯行声明、事前にインドから具体的な警告

スリランカで集団葬儀

コロンボ(CNN) スリランカで21日に起きた連続爆発事件で、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が23日、犯行を認めるビデオを公開した。また事件に先立ち、インドの情報当局がISISメンバーから得た情報として、スリランカ当局に異例の警告を発していたことが分かった。

ISISがメディア部門のアマク通信を通じて出した犯行声明のビデオには、事件の実行犯とされる8人の男たちが登場し、ISISに忠誠を誓っている。このうち7人は覆面姿だが、残る1人はリーダーの「ザフラン・ハシム」と紹介されている。

スリランカ西部州の知事はCNNとのインタビューで、この男が事件の首謀者とされるザフラン・ハシム容疑者であることを確認し、以前から過激思想を広めていた人物だと述べた。

スリランカ当局者らによると、インドからの詳細な情報は今月4日に初めて伝えられていた。

政府報道官が22日の記者会見で語ったところによれば、キリスト教会や観光名所を狙った自爆テロが計画されているとの内容だった。警告は事件の2日前と2時間前にも繰り返されていたという。

インド当局者の1人がCNNに語ったところによると、このうち少なくとも一部は、インドで逮捕されたISISメンバーの容疑者に対する取り調べから得られた情報だった。

この容疑者は、スリランカでザフラン・ハシムという人物に対する過激思想の教育に関与したと話していた。

スリランカ捜査当局の幹部が今月11日付で署名した警告のメモでは、自爆テロを計画しているイスラム組織「ナショナル・タウヒード・ジャマート(NTJ)」のリーダーとして、この人物が名指しされていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]