英ウィリアム王子がNZ訪問、首相とマオリ式のあいさつ

現地伝来の挨拶を交わす英ウィリアム王子(左)とニュージーランドのアーダーン首相/Handout/Getty Images

現地伝来の挨拶を交わす英ウィリアム王子(左)とニュージーランドのアーダーン首相/Handout/Getty Images

(CNN) 英ウィリアム王子が25日、ニュージーランドを訪問し、オークランドの空港で出迎えたアーダーン首相と鼻先をこすり合わせる先住民マオリの挨拶(あいさつ)「ホンギ」を交わした。

ニュージーランドではクライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)で3月に起きたテロ事件で50人が死亡、50人が負傷。ウィリアム王子は事件の被害者にも面会した。

ウィリアム王子は2日間の日程でニュージーランドに滞在し、ニュージーランドとオーストラリアの戦没者を追悼するアンザックデーの式典に出席。オークランド戦争記念博物館ではマオリの歓迎儀式「ポフィリ」による出迎えを受けた。

式典ではクライストチャーチのテロ事件で命を落とした犠牲者の追悼が行われた。ニュージーランド海軍のジェームズ・グリモア司令官は「我々は国家として今も悲しみに暮れている」と述べ、ウィリアム王子はエリザベス女王の代理として慰霊碑に献花した。

式典後、ウィリアム王子は子ども病院に入院している4歳のアレン・アルサティちゃんとその父親を見舞った。2人ともモスクのテロ事件でけがをして、アレンちゃんは重傷を負い、数日前に意識が戻ったばかりだった。

クライストチャーチで事件対応に当たった救急隊に面会したウィリアム王子は、「最悪の日に素晴らしい仕事でした」とねぎらった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]