ピーナッツ販売を全便で禁止、アレルギー対策 英格安航空

英格安航空のイージージェットがピーナッツの販売を全便で禁止する

英格安航空のイージージェットがピーナッツの販売を全便で禁止する

(CNN) 英国の格安航空「イージージェット」は25日までに、機内のスナック提供サービスで乗客へのピーナッツ販売を廃止する方針を明らかにした。

声明によると、今後数カ月内に中止する。ピーナッツへのアレルギー反応を起こす乗客に配慮した。他の乗客にナッツを使った製品を機内で食べることなども一切控えるよう求める。

同様の措置はカンタス、ルフトハンザやブリティッシュ・エアウェイズなどの各航空でも打ち出した。ただ、「二次災害」への懸念から機内からのナッツの完全排除は不可能との指摘もあった。

ピーナッツ関連のアレルギー体質を持つ乗客は航空券予約や空港での搭乗手続きの段階で 事情を説明する手間も強いられている。イージージェットの予約サイトではこの種の乗客を助ける選択肢も提供している。

同航空は声明で、要請にもかかわらず乗客が持ち込む可能性もあるとして全てのフライトからナッツを追放するのは不可能とも認めた。ただ、極端な事例が起きた場合は相応の行動を講じるとも述べた。

米国医師会の機関誌によると、米国成人のうち食物関連のアレルギーを持つのは10人のうちの1人。ピーナッツや貝類が多い。世界アレルギー機構の2017年の研究報告書では、旅客機内で治療を迫られた緊急事態のうちアレルギー関連は約2.2%だった。

機内サービスからのピーナッツ排除については否定的な反応も出ている。米サウスウエスト航空が昨年、提供中止を発表した際、ピーナッツ産業団体が強く反発。多くの顧客を失望させ、最新の科学的な知見に逆行するものだなどと主張していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]