最も脆弱なパスワードは「123456」 英調査

「123456」や「password」をパスワードとして使用する人が多かった/Lifestyle discover/Shutterstock

「123456」や「password」をパスワードとして使用する人が多かった/Lifestyle discover/Shutterstock

(CNN Business) もし、パスワードとして「123456」を利用しているなら、そろそろ変更を考えたほうがいいかもしれない。英国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)がこのほど明らかにした調査結果によれば、最も脆弱(ぜいじゃく)なパスワードが「123456」だった。

NCSCが破られた世界中のアカウントを分析し、調査結果を発表した。

これによれば、「123456」を利用していたアカウントは2320万件にのぼった。「123456789」を利用していたのは770万件。「qwerty」や「password」を使っていたアカウントはそれぞれ300万件超だった。

また、「ashley」や「michael」といった名前も利用頻度が高かった。そのほか、「daniel」や「jessica」「charlie」といった名前の頻度も高かった。

イングランド1部プレミアリーグに所属するサッカーチームでは、「リバプール(liverpool)」が、「チェルシー(chelsea)」や「アーセナル(arsenal)」、「マンチェスター・ユナイテッド(manutd)」などを抜いて最も使用頻度が高かった。

米プロフットボール(NFL)の所属チームの中で最も使われたのは、「ダラス・カウボーイズ(cowboys1)」。

曜日では「日曜日(sunday)」が最も多く利用され、月別では「8月(august)」が最も多く採用されていた。

NCSCは、アカウントが破られるリスクの低減に向けて、ランダムかつ記憶可能な単語3つを利用するよう勧めている。

以下は最も多かったパスワード上位10件

1位:123456

2位:123456789

3位:qwerty

4位:password

5位:111111

6位:12345678

7位:abc123

8位:1234567

9位:password1

10位:12345

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]