加大使が米移送回避に言及、その後撤回 華為副会長逮捕

カナダのジョン・マカラム駐中国大使(左)/Paul Morigi/Getty Images

カナダのジョン・マカラム駐中国大使(左)/Paul Morigi/Getty Images

(CNN) カナダが中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者を逮捕した問題で、カナダのジョン・マカラム駐中国大使は26日までに、中国語メディアとの会見で示した「米国への身柄引き渡しは回避出来る大きな可能性がある」との発言を撤回した。

失言だったとしている。大使の23日の発言に対してカナダ野党などは強く非難し、解任も要求していた。

マカラム大使は会見で、逮捕に伴うトランプ米大統領の政治性が濃い発言や治外法権の問題などが絡み身柄引き渡しを阻止出来る可能性に言及していた。発言を撤回した24日の声明で大使は「問題に関する私の立場を正確に反映していなかった」とし、「カナダ政府が一貫して明確にしているように問題への政治的な介入はない」と説明した。

孟副会長は昨年12月、対イラン制裁の違反を主張する米国の要請を受け、逮捕されていた。中国はこの措置に激しく反発し、中国内で複数のカナダ人も拘束する反応を見せていた。

身柄引き渡しの要請期限は1月30日までとされ、米当局は正式に要請する考えを表明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]