中国の小売市場、今年米抜き世界最大へ 調査会社予測

中国が今年、米国を抜いて世界最大の小売市場となるとの予測が発表された/NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images

中国が今年、米国を抜いて世界最大の小売市場となるとの予測が発表された/NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images

香港(CNN Business) 中国の小売市場の販売額が今年、5兆6000億米ドル(約616兆円)以上に達して米国市場を約1000億ドル上回り、初めて世界最大の規模になる見通しとなった。

市場調査企業「イーマーケター」が23日発表の報告書で予想した。中国の好調な小売市場は中国国民の所得増加や電子商取引の急激な普及などが主因。

国際的なブランド企業にとって世界的な市場での成長率は冷え込んでいるものの、中国市場の重みは増す一方となっている。自動車や携帯電話の分野では中国市場は既に世界最大規模となっている。

同社は米中間の小売市場の規模の差は今後数年間で拡大すると予測。中国市場は少なくとも2022年いっぱいは米国よりも高い成長を示すと見ている。

中国の小売市場の急激な拡大において電子商取引企業は大きな役目を果たした。今年の小売販売額のうちの35%以上、金額にして約2兆ドルはオンライン上で費やされると推定。一方、米国でのこの比率は11%としている。中国でのインターネット通販のうち半分以上はアリババが占めているが、より小規模な競合企業とのしのぎ合いも厳しさを増している。

ただ、イーマーケター社によると、中国経済の減速や米国との通商摩擦の影響は中国の消費者に波及しつつあり、今年の小売販売額の成長率は7.5%増に後退する見通し。昨年は8.5%増だった。

投資銀行「ソシエテ・ジェネラル」のアナリストは中国の消費者は不動産市場での成長率の伸び悩みや債務増大に不安感を抱いており、化粧品や宝石類の購入を控えていると指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]