米マイクロソフトの検索エンジン、中国で遮断

米マイクロソフトの検索エンジン「Bing」が中国で遮断された/Bing.com/Screenshot

米マイクロソフトの検索エンジン「Bing」が中国で遮断された/Bing.com/Screenshot

香港(CNN Business) 米マイクロソフトは24日、中国で同社の検索エンジン「Bing」へのアクセスが遮断されたことを明らかにした。対応を検討中だという。

Bingは中国に残る最後の外国の主要検索エンジンだった。グーグルは2010年に中国から撤退している。

今回の問題については、中国のユーザーが23日遅くに最初に気付き、ソーシャルメディアでは「Bingにアクセスできない」という声が上がり始めた。

アクセス遮断の理由は現時点では不明。中国インターネット規制当局のコメントは得られなかった。

中国ではフェイスブックやツイッター、ユーチューブといったインターネットプラットホームが、「グレート・ファイアウォール」として知られる政府の検閲システムにより排除されてきた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]