ミラージュ戦闘機が墜落、乗組員2人の捜索続く フランス

仏東部で空軍のミラージュ戦闘機が墜落し、乗組員2人が行方不明となっている/SEBASTIEN BOZON/AFP/Getty Images

仏東部で空軍のミラージュ戦闘機が墜落し、乗組員2人が行方不明となっている/SEBASTIEN BOZON/AFP/Getty Images

(CNN) フランス東部の山岳地帯で9日、ミラージュ戦闘機が墜落し、救助隊による捜索活動が続いている。機体残骸はジュラ県で見つかったものの、依然として乗組員2人の行方が分かっていない。

フランス空軍の発表によると、同機は低高度で通常の訓練飛行を行っていたところ、9日朝に交信が途絶えた。ナンシー・オシェエ空軍基地に所属する機体で、墜落時はドゥー県とジュラ県の間に位置する山岳地帯の上空を飛んでいた。

空軍報道官は記者会見で、残骸のほか、パラシュートの一部とみられる布も見つかったと明らかにした。こうした戦闘機には、射出座席の乗組員用と着陸時の機体減速用に2種類のパラシュートが装備されているという。

パイロットが緊急脱出する際には通常、救難信号が送信されるが、空軍は今回信号を検出していない。

空軍基地の司令官はテレビ局「フランス3」に対し、乗組員は「経験豊富」だったと説明。ただ、家族への配慮から、これ以上の情報は公表できないとしている。

国家警察の報道官によると、10日午前8時から捜索活動を再開し、警官138人を動員した。救助隊の1人はラジオ局「フランスブルー」の取材に、墜落現場はアクセスが難しい地域だと語った。

地元検察が調査に着手している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]