斜面すれすれ、ヘリが超絶技巧で負傷者救助 仏アルプス

雪山でヘリが超絶技巧、負傷者を救助 仏

(CNN) フランス・アルプスでこのほど、ヘリコプターが斜面すれすれの位置でホバリングし、負傷したスキー客を救助する出来事があった。この場面を捉えた動画が話題を呼んでいる。

フェイスブックに投稿された動画には、アンテルヌ峠付近でひざを負傷した若い男性を救助する様子が映っている。男性は疲労で滑落した。

現場の標高は約2100メートルと伝えられているが、登山チームは救助隊に通報することに成功。フランス山岳警察のヘリが出動し、慎重に機首を急斜面に近づけていった。

次の瞬間、操縦士は右側のスキッドを雪に付けた状態でホバリング。これにより、救助隊のメンバー3人が降機して、負傷者の治療に当たることが可能になった。

医療チームが男性の脚に固定具を装着すると、ヘリは再び大胆な動きを見せる。あと数センチで回転翼が雪にぶつかるという態勢から離脱し、男性を近隣の病院に搬送した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]