第1次大戦終結から100年、世界各国で記念式典

第1次大戦終結100年の式典が世界各地で行われた/Marty Melville/AFP/Getty Images

第1次大戦終結100年の式典が世界各地で行われた/Marty Melville/AFP/Getty Images

(CNN) 第1次世界大戦の終結から100年を迎えた11日、世界各国で記念式典が行われ、一般の人や元兵士、各国の指導者、王室関係者らが参列して、1914年から18年まで4年間続いた大戦のために命をささげた850万人を追悼した。

フランスでは凱旋門にある無名兵士の墓の前で11日午前、休戦協定から100年を記念する式典が開かれ、マクロン大統領が「愛国心はナショナリズムの対極にある」と演説した。

パリの式典には米国のトランプ大統領夫妻や、ドイツのメルケル首相、カナダのトルドー首相、ロシアのプーチン大統領、トルコのエルドアン大統領など、各国の首脳も出席した。

式典を前に、凱旋門へ向かうトランプ大統領の車列に向けて、トランプ氏に抗議する女性がトップレスの胸に「フェイク」「平和」の文字を描いた姿で駆け寄ろうとする騒ぎもあった。女性は警備員に阻止された。

式典後は世界の首脳が一堂に会して昼食会が開かれた。トランプ大統領はこの日、パリに近い米国人墓地を訪れて花束を供え、演説を行っている。

一方、英ロンドン中心部で同日開かれた記念式典には、エリザベス女王をはじめとする王室一家が参列。大戦で命を落とした約90万人の英国人をしのび、午前11時から2分間の黙とうをささげた。

チャールズ皇太子は、バルコニーから式典を見守るエリザベス女王に代わって、記念碑に花束を供えた。バルコニーにはキャサリンさん、カミラさん、メーガンさんの姿もあった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]