中国艦船、米軍艦に異常接近 「航行の自由」作戦中

中国艦船からの異常接近を受けた米駆逐艦「ディケーター」/Travis K. Mendoza//U.S. Navy/File

中国艦船からの異常接近を受けた米駆逐艦「ディケーター」/Travis K. Mendoza//U.S. Navy/File

(CNN) 中国が実効支配する南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島付近で中国軍の艦船が米軍艦に異常接近していたことが2日までに分かった。米国防当局者らが明らかにした。

米海軍の駆逐艦「ディケーター」は30日、米軍が展開する「航行の自由」作戦の一環として、南沙諸島から12カイリ以内の海域を通過していた。

米太平洋艦隊の報道官がCNNに語ったところによると、中国の駆逐艦「旅洋」は同諸島のガベン礁付近で、ディケーターの前方約41メートルまで接近。ディケーターに対して退去するよう警告を発し、攻撃的な動きを繰り返した。ディケーター側は衝突を避ける操作を強いられたという。

同報道官は、米軍が今後も国際法で認められた空域、海域へ航空機や艦艇を派遣する「航行の自由」作戦を続けると述べた。

これまで同作戦に対し、中国軍の艦船が追跡などの措置で対抗することは多かったが、通常は安全とみなされる範囲にとどまっていた。

専門家によると、軍艦同士の距離は約900メートルを下回れば危険とみなされる。方向やスピードの修正が必要となり、少しでも計算を誤れば衝突する恐れがあるという。

米中は通商、安全保障面などで対立を深めている。米当局者2人がCNNに語ったところによると、米国のマティス国防長官は今月中に中国を訪問し、安全保障問題を協議する予定だったが、先週末までに中止を決めたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]