メイ英首相、EU離脱記念イベントの計画を発表 揶揄の声も

メイ英首相がEU離脱記念イベントの構想を発表/Sean Gallup/Getty Images

メイ英首相がEU離脱記念イベントの構想を発表/Sean Gallup/Getty Images

(CNN) 英国のメイ首相は1日までに、欧州連合(EU)からの離脱を記念して2022年にイベントを開催する計画を発表した。

メイ氏率いる与党保守党の声明によると、イベントは「ザ・フェスティバル」と名付けられ、ビクトリア朝最盛期の1851年に開催されたロンドン万国博覧会や、第2次世界大戦の終戦からまもない1951年の英国祭に匹敵する祭典となる見通し。

メイ氏は、70年近く前の英国祭と同じく「変化を象徴する」イベントだと強調。英国は「外向きのグローバルな貿易国」として、再び新たな未来へ踏み出すと述べた。

英政府は多額の経済効果を見込んで、イベントの企画に1億5600万ドル(約178億円)の予算を投入するという。

発表を受けて、ツイッター上では反離脱派が祭典の失敗を予告するなど、計画を揶揄(やゆ)する投稿が相次いだ。グラフィック・アーティストの男性は、英国祭のポスターを22年版に作り替えて投稿した。

祭典の行事として「国外へ出られない旅客機の儀礼飛行」「国内最後のインシュリン10本を取り合う糖尿病者の綱引き」「本物のパンと解熱剤が当たるくじ引き」などを挙げ、「英国から出ていく製造業、農業、自動車業界と何千人もの医師、看護師、起業家、会社にお別れのあいさつを」と参加を呼び掛けるツイートもあった。

一方で「愛国心を強めるいいアイデアだ」と評価する声も上がった。30日に始まった保守党大会では、70代後半の出席者が「51年の祭典が大成功だったことを覚えている。あれが再現できるなら素晴らしい」と話していた。 

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]